« 世界水紀行(3)~フェアバンクス~バロー | トップページ | デナリの春 »

アンカレジの新聞でも…

日本の皆様へ

毎日、日本のテレビ番組で震災のニュースをみて心を痛めています。そんなおりアンカレジデイリーニュースにこんな記事がのりました。(3月26日付です)

20110401img01058

災害で窮地に陥ったペット達

新聞にのったのは6歳の lunaというビーグル犬です。 木につながれ、お家はダンボール、汚れたクッション、ボウルには凍った水、かまってもらおうとほえ続ける、それでも彼女は飼い主も無事で何とか生き延びたラッキーなペットなのです。

一日に2度散歩につれていってくれるのは、55歳のご主人です。避難所はペット禁止のルールのため、こうして外でじっとしています。数多くのペットがやむを得ず解き放されたり震災の中で飼い主と離れてしまっています。日本ケンネルクラブによると、現在の課題は以下に元の飼い主の元に戻せるか、どのようにえさを与えられるか、怪我をしたペットの治療をどうするか、ペット用のシェルターを確保できるかどうか…などがあげられてました。原発の避難地域にも、何千匹ともいわれるペット達が残されています。

ペットを飼っている人にとっては、ペットも家族の一員です。 震災で離れ離れになったペット達が一日も早く飼い主さんのところへ無事もどれますように願ってやみません。

|

« 世界水紀行(3)~フェアバンクス~バロー | トップページ | デナリの春 »

アラスカ大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンカレジの新聞でも…:

« 世界水紀行(3)~フェアバンクス~バロー | トップページ | デナリの春 »