カテゴリー「ショップ」の46件の記事

ファーストフライデー@コーププラザ、Ring & Things

アメリカにはファーストフライデーという文化があり(私はフェアバンクスしかいたことがないので、他の州の実情は知らないのですが、、)、毎月第1週目の金曜日の夕方、ギャラリーや美術館、いろいろなショップにワインやクッキー、カップケーキなどちょっと呑んだり食べたりするものが用意されます。誰でも気軽に飲み食いしながらおしゃべりを楽しみつつ、アーティストの作品を楽しむことができるというイベントです。

 

AIEフェアバンクス支店の入っているCOOP PLAZAにもファーストフライデーの催しはあります。夕方5時頃からバンドの演奏がはじまり、各店舗でお菓子や飲み物が置かれ、地元の人たちが集まってちょっとしたお祭りのような雰囲気になります。

 

前に紹介したRing & Thingsや2ST GALLERYもファーストフライデーに参加していますよsign01

 

今回はRing & Thingsのファーストフライデーの様子をちょっとだけ紹介します。ここでは地元の人たちの手作りの商品を見ながらホームメイドのカップケーキやキャンディーを楽しむことができます(これも手作りでとってもおいしい!)。

 

前にも紹介しましたが、夏の間はファーマーズマーケットで露天を出しているアーティストたちの作品を置いているお店です。オーロラ写真や、手芸品、アクセサリーを置いています。

 

Photo_17

こんな感じでファーストフライデーには普段よりたくさんの人がお店に来ます。

 

Photo_18

手作りのお菓子です。

 

Photo_19

Ring & Thingsの店の人もやさしいですよー。

 

Photo_20

オーロラの絵が描いているボックス

 

Photo_21

エスキモーの女の子のオーナメント

 

Photo_22

アラスカの野鳥のオーナメント

 

Photo_23

写真では分かりにくいですが、このネックウォーマーの中にはカイロを入れるポケットがsign01 寒い国ならではのアイデアですね。

 

この日にはアーティストもお店に来ていて、作品についての説明を聞くこともできます。作者の話を聞いてからだと、また違う視点で作品を見ることができますねぇ( ´艸`)

 

第一金曜日にアメリカにいる人は、いろんなお店に立ち寄ってファーストフライデーを楽しんでくださいね。

アラスカ・ハウス・アート・ギャラリー

フェアバンクスではまだ気温が突然マイナス20度になることもありますが、陽射しは日々強くなり、家の中の窓辺はポカポカして気持ちよいくらいになってきました。

日の入りの時間もだんだん遅くなってきて、午後8時でもまだ外は明るいです。

 

 

冬シーズン中はクローズしていたアラスカ・ハウス・アート・ギャラリーが、3月から営業開始したので、先週末にちょっとお邪魔してきました。

 

Photo

ここはアラスカのアーティストたちによるアラスカをモチーフにした作品を置いているギャラリーです。

最新鋭のアーティストのものから、伝統的なネイティブの作品まで、いろいろと取り扱いがあります。

 

ギャラリーというと高いものしか扱ってないようなイメージがありますが、ポストカードやちょっとした雑貨も扱っていますし、アート作品も意外と買える金額のものが多く置いています。

 

もちろん展示している作品をちょっと見に入るだけでも大丈夫。

作品についてもオーナーがいろいろ教えてくれます。

 

 

Photo_2

店主のヨーランダさんは2代目のオーナー。

このアラスカ・ハウスはヨーランダさんのご両親が1980年代に建てたログ・キャビン(手作り!)ですが、丁寧に保存されているので外観も内装もキレイなまま残っています。

 

 

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6


Photo_7

アラスカならではのユニークな作品が多数!

 

 

私のお気に入りはこれです。

Photo_8

Photo_9

ディスプレイの仕方も、このフィギュア(?)もユニーク。

 

カリブーの角の壁掛け。タイトルは「MIGRATION(移住、渡り)」$375なら、、40,000円くらい?がんばれば買えるかも。。

Photo_10

 

これはネイティブのビーズワークをアンティーク調に仕上げたアクセサリー。

Photo_11


アラスカサーモンの皮のピアス。これは$40。

Photo_12


エスキモーの人形。

Photo_13

日本の道祖神みたいな像も。これもエスキモーの作品とのこと。

Photo_14

サワドーブレッドを作るスプーン。

このスプーンがパンを作るときに必要な種(スターター)で、しかも何十年も使い続けることができる?というものらしい。

裏にこのスプーンを使ったレシピが載っていたので見ながら作ってみようと決意して購入。

Photo_15

いろいろ欲しいものはあるけども、

今回はノートとスプーンとピアスを購入しました。

Photo_16


時期によってディスプレイされている作品が変わるので、いつ立ち寄っても新しい出会いがあるところです。

 

ちなみに、

アラスカでお土産を買うときに常に気をつけないといけないのは日本に持ち帰ることができるか?ということ。

ヨーランダさんはその知識も豊富なので、気になった商品があったら是非相談してみてください。

もちろん作品を見に立ち寄るだけでも大歓迎!とのお話でした。

アラスカのお土産-ARCTIC TRAVELER’S GIFT SHOP

フェアバンクスのギフトショップの老舗、
ARCTIC TRAVELER’S GIFT SHOPについてご紹介します。

こちらは創業60年以上のフェアバンクスで最も
品数豊富で規模が大きいギフトショップです
(私の知っている限りでは)。
Photo_10

ベリー類のチョコ、ベリー風味の紅茶・ココア、
白樺シロップ、サーモンジャーキー、
ポストカード、キャップ、トレーナー、各種民芸品などなど、、
ありとあらゆるアラスカのグッズが置いています。


Photo



Photo_2

置いている商品を全て書き出したらきりがないので、
私の個人的にお勧めの商品をいくつかピックアップしますsign01


ワインのボトルキャップ
Photo_3


ブラックベア、狼、ムースのキャップ。
とってもかわいいheart


アラスカ3Dカード
Photo_4


アラスカの野生動物たちが生き生きと浮かび上がってくるsign01
定規タイプの商品もありますよ。


ミニ・ドリームキャッチャー
Photo_5


これと同じものを現地住民も車のフロントミラーに
付けているのを良く見かけます。
カラーバリエーションも豊富で、値段もお手ごろ。


白樺で作られた針山(ネイティブの民芸品)
Photo_6


白樺の表皮で作られた手作りの針山。
軽いし、小さくてもって帰りやすいサイズ。
手芸好きな方におすすめ。


アニマル帽子
Photo_7


主に欧米から観光に来られた方が、かぶって街中を歩いているのを
結構見かけます。
せっかくの海外ですので、ヒトの視線を気にせず、
堂々とこの帽子をかぶってフェアバンクスを散策してみてくださいsign01


などなど、
メジャーなお土産から、マイナーなお土産まで
ところ狭しと置いています。


民芸品の品揃えも豊富ですが、購入の際には
持ち帰られるものかどうかの確認が必須です。


Photo_8

この方が現在の経営者のアンジェリカさん。


1


ここで商品を買ったらアラスカフラッグをプレゼントとのことsign01
(数に限りある?かも??)


Photo_9

お店を隅から隅まで見て、お気に入りのお土産を探してくださいsign01

アラスカのお土産-ネイティブの方のクラフトワーク BEADS AND THINGS

大自然の中で生活を営んでいるネイティブ
(インディアンやエスキモー)の人たちに興味を持って、

アラスカに来る人はどのくらいいるのでしょうか?

 

私は中学生のときに星野道夫さんのエッセイに登場したインディアン、
イヌイットの集落の人々とのエピソードを読んで、

アラスカにはロマンがあるなー行ってみたいなーと
夢を膨らましていました。

 

 

今回紹介するギフトショップは、ネイティブの生活に興味がある、

もしくは、ネイティブのクラフトワーク(手芸品)が好き
という方におすすめの店です。

 

ダウンタウンの2nd AVE.の通りに面してある
BEADS AND THINGSは

ネイティブの工芸品を主に取り扱っている店です。

 

 

こちらの方のBEADS AND THINGSには

主にネイティブのビーズワークが置いています
(特にアサバスカンインディアンの商品が多め)。

Photo




Photo_2




Photo_3




 

自ら手芸をする人は、ここで型紙とビーズの購入もできます。

Photo_4




 

白樺で作ったムースの絵のある籠はいろいろ入って便利そう。

Photo_5




他にも伝統的なイヌイットのブーツや、インディアンの靴、帽子なども
置いています。

 

ここでは伝統的なアザラシの毛皮やセイウチの牙の加工品など、

買っても日本に持ち帰れない商品も置いています。

購入の際には何が持って帰れるかを、しっかりと材料をみて
判断してくださいね。

 

 

このお店の魅力は、このお店を通して
アラスカのネイティブの人たちと 繋がりを持てることです。

 

この店は町から遠く離れた、

病院も学校もないような小さな村から来たネイティブ
(主にインディアンやエスキモー)の人たちが、

何かの用事でフェアバンクスに滞在するときに
必要なお金を作るために持ち込んだ
工芸品を取り扱っているとのこと。

 

そして、彼らが町に帰るときに、

また町で工芸品を作るために、この店でビーズなどの
町で作れないものを購入する店でもあります。

時には物々交換してビーズを町に持ち帰る人もいるという。。。

 

Photo_6




色とりどりのビーズが置いている。

日本で買うより安いかも!??

 

 

店主のアンさんも出身はユーコンリバー近くの小さな町の出身で、

大きな洪水で町がつぶれて、

町の人たち全員とフェアバンクスの方に移住したという経験をしています。

現在はお店を経営することで、僻地に住んでいるネイティブの人たちの
生活に役立っています。

 
Photo_7




笑顔が素敵な女性です。

ネイティブの方は日本人と同じように、少しむっつりしているのかな?
と思うときがありますが、

お話してみると気さくな人柄であることが分かります。

 

彼女のお話を聞くと、

僻地に住むインディアン、エスキモーの人たちの生活、文化、現状、

明るい面だけではなく、アラスカに今存在しているネイティブの人たちが
抱えている問題を考えさせられます。

 

 

非常にシンプルなお店です。

置いてる商品もお世辞に多いとは言えませんが、

昔から脈々と受け継がれた技術で作られた手芸品を見つつ、

アンさんのお話を聞いて、生のアラスカ文化を感じることができるお店です。

 

ネイティブの生活に興味がある方、手芸品好きな方は、
是非一度お店をのぞいて、アンさんとお話をしてみてください。

 

A_2






アラスカのお土産- 2ST. GALLERY

引き続きフェアバンクスのお土産情報をお送りします( ´_ゝ`)ノヨッ

「オーロラを見た記念にオーロラ写真のポストカードが欲しいけど、どこで買えるの?」

とオーロラ観賞にきたお客様によく質問されます。

オーロラのポストカードはダウンタウンエリアのショップ、
2ST. GALLERY、Arctic Traveler's Gift Shopや、
もしくは大型スーパーのギフトコーナーで取り扱いあります。
(アメリカではオーロラがあまり人気がないようで、
種類や在庫が少なかったりする場合もあり、その時々で状況が変わりますが。。)

今回はその中でもオーロラポストカードを多く取り扱っている、
2ST. GALLERYをご紹介します====(((ノ^^)ノ

このお店はAIE フェアバンクス支店があるビルの中(COOP PLAZA)に
ありますshine
フェアバンクス在住のアーティストの作品のみを取り扱いしている
ギャラリーですnote
フェアバンクスの自然をモチーフにした、ポストカード、置物、アクセサリー、
絵画などが置いてあり、見ているだけでも楽しいお店です。

Photo
オーロラの写真も豊富に取り扱いあり。
大きいサイズ、小さいサイズいろいろ種類豊富。
Photo_2

オーロラ写真以外のポストカードもたくさんあります。

Photo_3

フェアバンクスの自然(これは白樺)がモチーフのネックレス。かわいいheart01
Photo_4
希少なジャコウウシの毛、キビートで作ったドリームキャッチャーも
あたたかみのある感じ。
ベッドルームの窓に飾ったらおしゃれかも。

店員さんは30人のメンバーの当番制で回していて、日によっている人が違いますが、
皆さん気さくで優しいです。
本日の当番はシェリーさん。
Photo_5

今回紹介したのは商品の一部のみ。
他にもついつい買いたくなるようなものがいっぱいあります。
是非チェックしてみてくださいねsign03

アラスカのお土産 in モリストンプソンビジターセンター

Photo


Photo_2


フェアバンクスデスクで

「アラスカっぽいお土産が欲しいけど、どこで売ってますか?」

との質問をよくされますので、 このブログを借りて、フェアバンクスのお土産情報を載せておきます( ´ⅴ`)ノ ご参考までにどうぞ!

フェアバンクスのダウンタウンにアラスカ土産を買えるところはたくさんあります。 ダウンタウンにあるお店は独自の視点で商品をそろえていて、 自分の記念品として購入するのはいいのですが、、、 日本人が思い抱くような「お土産」のイメージとはちょっと違うかもしれません。

もし、 アラスカに行ってきたぞー!って分かりやすいお土産が欲しければ、 ダウンタウン徒歩圏内にある、 モリストンプソンビジターセンターのギフトショップコーナーがおすすめです!

このお店にはアラスカのロゴが入った水筒、カップ、バッチ、キャップなどのグッズや アラスカ名産ベリー類のチョコレート、ココア、紅茶など代表的なお土産物が置いています。

Photo_3


Photo_4

自分用にも水筒を買ったり。。

Photo_5


家族や友達にアラスカに行ったお土産にベリー風味のコーヒーや紅茶やチョコレートを買ったり。。

Photo_6


アラスカに関する書籍の品揃えも豊富。





カルチャーセンターを兼ねたこの建物の中には、アラスカ内陸部を紹介をしている展示コーナーもあり、こちらも結構見ごたえがあります。

Photo_7

Photo_8

見所はお土産だけではない!

フェアバンクス、ダウンタウンエリアにお越しの際に 是非一度覗いてみてください happy01

Rings & Things #4 最終回!

Rings & Things、いよいよ最終回です。

こちらは本物のウサギの毛で作ったネイティブの人形です。

Img_0516

カウンターの上には、ユニークな蚊がいましたsign03

口の先にあるのは、ハリネズミのハリです。上手ですねsign01

Img_0523


Img_0524

見るものたくさんありますので、良かったら立ち寄ってみてください。

月曜から金曜までは午前9時から午後7時まで。

土曜は午前9時から午後6時まで。

日曜日は午後1時から午後5時までです。

 

こんなお土産もいいですねsign03

Rings & Things #3

さて、Rings & Thingsの3回目です。

こちらは、ネックレスと指輪です。

手作りネックレス、とってもかわいかったです。

下に置いてある木でできたキャンドルたて、こちらも手作りです。

Img_0504



チェーンソーで作ったムースや魚もあります。

Img_0525

Img_0518

 

手作りテーブルや、いす、ランプなど。

Img_0513

Img_0514

Img_0515

次回へ続きます。次回はいよいよ最終回!

お楽しみに。

Rings & Things #2

お待たせしました。

Rings & Thingsの2回目です。

どれもとってもかわいいものや、きれいなものばかりでした。

こちら、お土産にいいです。

Img_0507

Img_0511

Img_0512

次はロケットペンダントです。

好きなロケットペンダントを選び、4つのチャーム、クリスタル1つを選びます。

こちら$20です。4つより多く入れたい方はチャーム1つ$2.50で追加できます。

 

たくさんあるチャームから4つを選ぶのはなかなか難しいですが、種類が豊富なので見ているだけでも楽しいです。

Img_0509

こちらはアラスカチャームですsign01 

ムースやシャチ、犬ぞりの犬、雪の結晶、かに、白熊、アザラシなどあります。

Img_0522

Img_0510

フェアバンクスから新しいお店を紹介します

今回は、コーププラザ内にある新しく開いたお店を紹介します。

お店の名前は、”Rings & Things” です。

オーナーはSandraさんです。

 

このお店には、今フェアバンクスやノースポールなどから20のベンダーさんのものが置いてあります。今日から何回かに分けて、ご紹介していきます。

Img_0502

Img_0505

Img_0508

Img_0519


Img_0526


Img_0503

こちらのキャンディーは、始めてきた方は1つFreeでお試しができるそうです。

(次回へ続きます。)

より以前の記事一覧