カテゴリー「アラスカ全般」の164件の記事

ウナギトラベルさんとのコラボ「アラスカツアー」発表!

本日は皆さまに重大なお知らせがありますsign01

shineこの度、AIEはウナギトラベルさんとコラボし、アラスカツアーを発表することになりましたsign01

ウナギトラベルさんは、人間の旅行会社ではなく、ぬいぐるみの旅行会社ですflair 忙しいあなたに代わって、大切にしているぬいぐるみを旅行に連れて行ってくれるんですよsign01

ぬいぐるみ達が楽しんでいる様子は随時配信されますので、自分も旅行に出かけている気分が味わえますnote ぬいぐるみの旅行が想像がつかないという方は、是非ウナギトラベルさんの「アラスカツアー」告知HPをご覧ください。

またウナギトラベルさんとのコラボで、AIEにもぬいぐるみのガイドさんが来ました。ベテラン現地ガイドの荒スカオ氏です。ウナギトラベルさんのツアーには彼が同行しますよsign01

Araskaoimg_1347

アラスカへ行ってみたいけど、勇気が出ない・・という方、まずはぬいぐるみに下見をしてもらってはいかがでしょうかsign02

イントゥ・ザ・ワイルド

前のブログでフェアバンクスの初雪を報告しましたが、
それからはずっと晴れが続き、オーロラ観賞日和の天気が
続いています。 さて今日はアラスカに来る前に見ると気分が盛り上がる映画の紹介です。 俳優のショーン・ペンが監督を務めたことで話題にもなりましたが、「イントゥ・ザ・ワイルド」という映画をご存知でしょうか?

アメリカの裕福な家庭で育った青年クリス(映画の途中からアレキサンダー・スーパートランプと名乗る)が、家族のあり方やお金でものごとが動かされる社会に疑問を抱き、お金、学歴、名前、すべてを投げ捨ててアラスカを目指すロード・ムービーです。

この映画は1990年代に実際にあった話で、「INTO THE WILD (荒野へ)」というドキュメンタリー小説に基づいて作成されています。映画と小説は今でもアラスカの若い世代にとても人気があります。 アラスカのティーンエイジャーに、なんでこの話が人気があるのか尋ねたら、「ん~」「なんだろ~」と言って、あまり理由ははっきりしてませんでした。


クリスが家族や社会に対して感じた嫌悪感に漠然と共感するのか、アメリカの大自然の中をひとりで放浪することに憧れるのか、劇中の意味ありげな美しいシーンや音楽を素敵だと感じているのかのどれかなんでしょうか?


(サントラはオルタナティブ系やカントリーミュージックが好きなひとは聴く価値ありです!) どのような感想を持つかは人それぞれですが、美しさと紙一重のところにある自然の厳しさを認識させられる映画だと思います。

アラスカ旅行を計画している方、あくせくしている社会に嫌気を感じて大自然の中で自分を見つめなおしたい方、山登りやキャンプを計画している方にお勧めの映画です。



20161013bookw
さて、主人公のクリスは映画の後半で目的地近くの
アラスカ・フェアバンクスにたどり着きます。

映画中のシーンはフェアバンクスのダウンタウンで撮影されたものが使われています。 そして、10年前に公開された映画の中と同じ風景を今でも見ることができます。

20161013fairbanks

映画を見た方はこの風景を探してみてくださいねup

 ※こちらの映画に関しては、2008年9月にも以下の記事
INTO THE WILDでご紹介させていただきました。

 

 

9月6日、山田さんとの遭遇

Yamadaw

日本を2年ほど前に旅立ち、インドネシア、ロシア、中国、ウズべキスタンほか多くの国を旅し、ノルウエーから北米に渡り、縁あってアラスカで出会ったヒッチハイカーの山田さん。

若干20歳ながら、話を聞けば聞くほど彼の旅は驚きの連続です。

ビーバー村の近くで過ごした後、いったんアンカレジを目指してきたそうです。アラスカのあとは南米へ向かうそうです。電話もなく僕のアイフォンはこのマップといってアラスカの地図をみせてくれました。

久々のお米を食べ、次の土地を目指して去っていきました。日本を出てからちょうど700日ほどだそうです。

『すごいsign03


どこかでこの山田さんを見かけたら、応援してあげてください。

山田さん、くれぐれも無理をせず、健康に気をつけて旅を続けてくださいね。

頑張れ独立遊歩人sign01

アラスカのスタンプができました!

ラインユーザーの皆様、大変お待たせいたしましたsign01

Atelier Happy Elephantさんのご協力のもと、アラスカのスタンプの登場ですsign01

ユーモアあふれる、動物達デザインのスタンプをぜひお楽しみ下さいsign01

Linestampimg_0579_2

 

アラスカ訪問者はもちろん、動物好きの方、ご家族でのラインユーザーにお勧めですsign01

Line Stamp のご購入やプレゼントは、こちらからどうぞ。(Line Storeに移動します。)

アウトドアでのヨガレッスン

アラスカの夏の新しい楽しみ方ーアウトドアでヨガレッスンはいかがでしょうか?
リトル・キャンベル・レイクの湖上でバランスをとりながら、心と身体を調整するヨガレッスンは毎週日曜日の10時半から12時まで、90分のクラスです。


しかもパドルボードクラスとなれば滅多に体験出来ませんからね。
6月14日の新聞の記事でした。


20160619yogaoutdoor_2
ヨガレッスン詳細はこちらからどうぞ

アラスカの紫蘇

アラスカの強い日差しを浴びて

スクスクと育った紫蘇の葉を見てくださいeye


Shiso1


Shiso2


すぐに大きくなるので

食べるのが追いつきませんcoldsweats02 すごいでしょsign01

フィギュア

皆様こんにちは。

10月も半ばとなりましたね。
アンカレッジはここ連日雨が続いております。
 

さて、本日はここ最近、海外でも大きく注目をあびている日本の“文化”に
ついてのご紹介です。

ふと、現地の本屋さん(Barnes & Noble)に行ってみると、以前はなかった
フィギュアコーナーが設けられておりました!!

日本の漫画キャラクター(ドラゴンボール、セーラームーン、ガンダムなど)が
あって驚きましたが、それ以上に驚いたのは、アメリカの漫画キャラクター
(スパイダーマン、バットマン、アイロンマンなど)のフィギュアも
日本の会社が製作したのものでした!!


Web0002
 
Web0001

Web0003
 
Web0004
その他にもディズニーやスターウォーズもありましたよ!
Web0005

Web0006
 
個人的にはフィギュアは好きなのですが、よくできてるな~と思っていたら
日本の会社が製作していたのでやけに納得してしまいました。

お値段も$69~となかなか大人の値段でした!

最近のフィギュアは買っても封をあけるのがもったいないようなものが多いです
よね。

日本でも大人気のフィギュアですが、ここアラスカでも手に入るなんて・・・
すごい需要なんでしょうね。

アンカレッジの大学を始め、日本語クラブがあるようで、日本語クラブに入っている
生徒さんの多くが日本の文化、主に漫画が大好きで、たまにキャラクターのコス
チュームを着ている子をみたりします。

漫画の力は無限大ですね!これも Proud of Japanese 文化ですね!!
 
Web0007
こちらのペーパークラフトもお見事です。
サグラダファミリアやタージマハールに五重塔…自分でも建ててみたいですね。

Web0008
レゴの建造物も!

Web0009
セーラームーンはこちらに。

Web0010


それにしても…TAMASHII NATIONSって???
魂の国、日本?

 
 

オクトーバーフェスト・トレイン

21歳以上の方へ

アラスカ鉄道からオクトーバーフェスト・トレインへのお誘いです。

2015年10月10日土曜日。レストラングレーシャーブリューハウスとの共催で実施される、毎年人気のスペシャルツアーです。 ビール大好きな方、一年に一度のツアーを楽しんではいかがでしょうかsign02

Beer_train

アラスカ鉄道がマイクロブリュー・エクスプレス号になる日アラスカを旅行中の方はチャンスですsign03 

 

アラスカでフィッシングするならこの必勝アイテムを!

皆様こんにちは。

5月も下旬になり、アラスカは徐々にではありますが、夏ムードとなってきた今日このごろです。 ここ最近は芝が緑に、そしてtulip花はつぼみを開き、色鮮やかな風景をお楽しみいただけます。 街中でも旅行者の方をよく見かけるようになりました。 デナリもすでにオープンしておりますし、氷河クルーズも催行しております。 まだ、間に合いますので、ぜひ夏のアラスカへお越し下さい。

またこの時期は、地元のアラスカンが待ちわびた季節でもあります。 そう、もうすぐfishキングサーモンの時期なのです。 サーモン釣りは当たり前のアラスカンでも、やはりキングは毎年釣り上げたい大物です。 この冬は雪が少なく、昨年よりも暖かかったので、もしかして今年は去年よりもキングサーモンが多いのでは?とわくわくするフィッシャーマンが多いとか。 楽しみですねnote さて、本日はそんなフィッシャーマンの必勝アイテムをご紹介good 街中のアウトドアショップなどで無料で配布されているこの小冊子。

201505tidetables1

実はタイド表です。

201505tidetables2


潮の流れによって魚の動きは大きく変わります。 特に陸からのフィッシングには、この潮の動きが非常に重要になってきます。 この表を頼りに前日から準備をし、大物を釣り上げるのです。 アラスカ各地の情報が載っておりますので、本当に便利なアイテムです。 この夏の思い出に、世界中のフィッシャーマンの憧れの地、アラスカでのフィッシング体験はいかがでしょうか。

ツアー料金が更新されていないものについては、ご遠慮なくお問い合わせください。

スワードにあるシーライフセンターで盲目のアザラシを飼育中!

Sealimg_0199

この写真のゼニガタアザラシ(HAEBOR SEAL)の名前はブライス君(BRYCE)といいます。

とてもかわいい目をして元気そうですが、なんと目が見えないのです。

スワードにあるアラスカシーライフセンターで、リハビリテーションプログラムを通して基本的な生き方を学び始めたところです。

このプログラムの目的は、シーライフセンターでできるだけストレスのない生活を送れるように、また飼育員にとっても飼育がしやすくなるように実施されています。

出典: 2月5日のアラスカ デスパッチ ニュースより

より以前の記事一覧