« アラスカの紫蘇 | トップページ | 2016年は何か調子いいキングサーモン釣り »

動物にたくさん出会えるチャンス!キーナイ国立公園クルーズ

前にウィッティアの26氷河クルーズを紹介しましたので、次はキーナイ国立公園のクルーズも少し紹介します。こちらもアンカレジ発のツアーです。

 

こちらのshipクルーズでは、ラッコ、アザラシ、トド、イルカ、クジラ、パフィン、ハクトウワシなどなどアラスカのユニークな動物たちをたくさん見るチャンスがあるので動物好きな方にお勧めです。

 

 

私がクルーズに乗ったとき、写真を撮るにはカメラもテクニックも無いため、証拠写真は撮れてはいないのですが、ハクトウワシ、パフィン、イルカ、クジラ(3回もsign03)、トド、ラッコなどなど、さまざまな動物が見れました。

 

 

 

Kenai Cruise Tour (C) AIE

 

双眼鏡がなくても顔まで見れる距離にラッコが出現。

 

海を無心(sign02)に漂っているだけなので、写真を撮ることができました。

 

奥の黒い点がラッコですよーー。

 

 

Kenai Cruise Tour (c) AIE

 

こんな感じの岩場にパフィンや海鳥、ときどきトドがいました。

 

 

こちらのツアーではwave外海まで出るので、イルカ、クジラやシャチなどの大型海洋生物に出会えるチャンスがより多いとのこと。

 

わたしもクルーズ中に3回クジラと遭遇できましたnote

 

 

Kenai Cruise Tour (c) AIE

 

船長が「あそこにクジラがいるsign01」と一生懸命船を走らせてくれます。

 

 

ただ外海に出る分、船がより揺れるので酔いやすい方はご注意を!

 

 

 

Kenai Cruise Tour (c) AIE

 

そして氷河はやっぱりとても美しい(@o@)shine

 

 

 

このキーナイ国立公園クルーズの出港地のスワードは、小さな落ち着いた雰囲気の港町です。

 

ダウンタウンの端にはアラスカ・シーライフ・センターがあるので、スワードにもう一日滞在できる方は是非訪ねてみてください。

 

 

Kenai Cruise Tour (c) AIE

クルーズの乗り場です。

 

 

またここはfish釣り好きの人たちが集まる土地でもありますsign01

 

釣りに興味がある方は、是非このスワード発のフィッシングツアーをチェックしてみてくださいね。

 

 

Kenai Cruise Tour (c) AIE

スワードの風景です。

今回の氷河クルーズは、
アンカレジ発着 日帰りの「じっくり氷河を楽しみたい方へ! キーナイフィヨルド国立公園クルーズ」 A-KF01~05のツアーでした。

 

 

« アラスカの紫蘇 | トップページ | 2016年は何か調子いいキングサーモン釣り »

キーナイエリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220913/63781423

この記事へのトラックバック一覧です: 動物にたくさん出会えるチャンス!キーナイ国立公園クルーズ:

« アラスカの紫蘇 | トップページ | 2016年は何か調子いいキングサーモン釣り »