« アウトドアでのヨガレッスン | トップページ | 嵐のような風 »

スワード発 海の孤児たち

少し前の記事ですが、スワード関連ニュースです。
fish5月8日 アラスカ ディスパッチニュースより

US Fish and Wildlife Serviceによると、2015年には300匹以上のラッコが死んだり、手当ての必要な状態で浜辺などでみつかったそうです。スワードにあるシーライフセンターはアラスカで唯一治療をして健康な状態にもどる可能性のあるラッコの手当てができる機関です。

5月8日の時点で2匹の赤ちゃんラッコをふくめ7匹がセンターにいるそうです。いままで初夏のまだはやい5月で7匹もいるということで係員たちはこれからもっとたくさんの海洋動物達がくることになるのではと心配しているそうです。

写真のラッコは新生児で24時間のケアが必要な状態です。
Seaotter

上の写真は水の入った浴槽で見上げているラッコ。

真ん中の写真はタオルに包まれた生後2ヶ月のラッコをだいているシーライフセンターの係員。現在センターにいる7匹のラッコのうち2匹は生後2ヶ月です。
3枚目の写真はかじって遊ぶおもちゃをもっている赤ちゃんラッコの写真。
皆さまもスワードに行く機会がありましたら、是非シーライフセンターにお立ち寄りください。

« アウトドアでのヨガレッスン | トップページ | 嵐のような風 »

キーナイエリア」カテゴリの記事

野生動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220913/63806169

この記事へのトラックバック一覧です: スワード発 海の孤児たち:

« アウトドアでのヨガレッスン | トップページ | 嵐のような風 »