« 氷河融解 | トップページ | 2014 夏のアラスカだより »

アラスカの恐竜

先週の新聞を整理していたら、

「恐竜 北極圏で越冬か」という見出しが目に入りました。

北極圏か…どこかな?と読んでみると

//

 米アラスカ州のデナリ国立公園で見つかったハドロサウルス科の恐竜の足跡の化石(北海道大総合博物館・小林快次准教授提供)//

2007年にデナリ国立公園内の地層で発見された(なんとカタチが鮮明なものが200個もあったらしいですよ)足跡の化石です。

記事はこちらからご覧になれます。

ハドロサウルス科の化石は、北海道のむかわ町でも発見されています。

デナリ公園にお出かけ予定の方は、公園でちょっと目を閉じて、

恐竜の時代に思いをはせてみてはいかがでしょうか?

« 氷河融解 | トップページ | 2014 夏のアラスカだより »

アラスカ全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220913/60148476

この記事へのトラックバック一覧です: アラスカの恐竜:

« 氷河融解 | トップページ | 2014 夏のアラスカだより »