« アラスカで現代アイヌ工芸展 | トップページ | Alaska Wild Berry Products »

国際北極圏研究センター

昨日2月21日の北海道新聞(夕刊)の文化欄に

「温暖化による異変、真っ先に

重要性増す北極圏調査

アラスカ大・研究センターが活躍」

という記事が掲載されていました。

北海道大学教授で現在はアラスカ大教授の福田正己先生による、アラスカ大学・国際北極圏研究センターの説明でした。設立目的は「温暖化の影響で起こる様々な現象を国際協力で調査・研究するため」で、4つの総合研究課題が掲げられています。

1.北極海 海氷の行方

2.北極圏の温暖化が地球全体の気候に及ぼす影響

3.北極圏の陸水が地球全体の気候に及ぼす影響

4.地球全体の炭素収支

…そしてこのセンターのビルは2007年5月に赤祖父俊一ビルと命名されたそうです。すごいですね。

最近はゴアさんの本の翻訳者枝廣さんの活動をよく目にします。まずひとりひとりができることから始めたいですね。私たちは今の地球を未来の子供たちから借りているわけですから。

« アラスカで現代アイヌ工芸展 | トップページ | Alaska Wild Berry Products »

アラスカ全般」カテゴリの記事

アラスカ大学」カテゴリの記事

オーロラ」カテゴリの記事